三菱 4t 新型ファイター 新古車 未使用 クレーン付 220馬力  新型 ユニック 4段 ラジコン フックイン ワイドアウトリガ クレーン|Good!トラック - ぐっ!とらっく -
FC2ブログ
     

三菱 4t 新型ファイター 新古車 未使用 クレーン付 220馬力  新型 ユニック 4段 ラジコン フックイン ワイドアウトリガ クレーン

 2018-02-28

 管理番号:K301026
FK61F600274(1).jpg ※画像はクリックすると拡大して見る事が出来ます!
FK61F600274(2).jpg FK61F600274(3).jpg FK61F600274(4).jpg FK61F600274(5).jpg FK61F600274(6).jpg FK61F600274(7).jpg FK61F600274(8).jpg FK61F600274(9).jpg FK61F600274(10).jpg FK61F600274(11).jpg FK61F600274(12).jpg FK61F600274(13).jpg FK61F600274(14).jpg FK61F600274(15).jpg FK61F600274(16).jpg FK61F600274(17).jpg FK61F600274(18).jpg FK61F600274(19).jpg FK61F600274(20).jpg FK61F600274(21).jpg FK61F600274(22).jpg FK61F600274(23).jpg noimage2.gif noimage2.gif
車   名年  式型    式形     状
三  菱H30.22KG-FK61F4t クレーン付
車 検 期 限積 載【kg】馬 力ブレーキ走行距離【km】
H32.2.262,600220A/B246
A/CP/W電格ミラーEHSMT外装フロントガラス
6良  好
荷台内寸法【m】(L):5.57m(W):2.13m(H):0.40m
上物メーカー
【型・年式】
新型 ユニック 4段 ラジコン フックイン ワイドアウトリガー クレーン
URG374RK G103654  平成29年式
タイヤ残量
【分山表示】
フロントス ペ ア10
1010
リ  ア左(外)左(中)右(中)右(外)サ イ ズ225/90R17.5
10101010
 ※タイヤ残量は当社検査員の見解です。あくまでも目安として下さい。
そ の 他 ・業界唯一!6気筒エンジン  ・AdBlue(尿素水)使用 モデル
 ・クレーン専用シャシ(シャシ補強 + フロント,リア:剛性スプリング)
 ・ディスチャージヘッドランプ  ・集中ドアロック  ・MIXタイヤ
 ・マット,バイザー,タイヤチェーン  ・リアフック
 ・クレーンラジコン:LSタイプ(液晶ラジコン・吊り荷重表示機能)
車検証を見る


三菱ふそうの4トン新型ファイタークレーン付未使用車の入庫です(≧∇≦)b

トラックメーカー4社の中で唯一!6気筒エンジンを搭載。
燃費・トルク・馬力とバランスのとれたエンジンが搭載されている、今イチオシの三菱ふそうのファイター4tクレーン付未使用車です。

今回の入庫車輌より三菱ふそうも新型となりましたv(´∀`*v)ピース

・・・とは言うものの。。。
新型感はあまりありません(笑)

外観は新型キャンターと同様にハイブリット風グリルに。。。
内装はシックなシルバー&ブラック基調のインテリアデザインへと一新。。。
運転席シートは新形状シートバックや大型サイドサポートで高いホールド性を実現し運転疲労を大幅に軽減。。。

・・・と、大きな変更はあまりありません(^_^;)

強いて言うならばマフラーが更に改良され平成28年排出ガス規制適合となった事でしょうか(*^^)v

新型とは言うものの大幅変更のなかった今回のファイター。
残念な思いもありますがこれはそれだけ既に完成された車輌と言うことではないでしょうか!?

今回!他社も新型を発表したわけですが。。。
数年前より当ブログでお伝えしてた通り!他社も新型は尿素モデルの投入となりました。

しかしながら噂では4気筒エンジンOnlyと聞きました。
非力な4気筒エンジンや尿素を新たに採用した新システムで初期不良は否めない他社と比べても、絶対に安定の6気筒エンジン搭載の三菱ファイターだと私はそう思います。


さて。。。

今回も新車を先行発注するに当たっての基本コンセプトは今まで通りですv(´∀`*v)ピース

『出来るだけ乗って頂くお客様にご満足頂ける!』

をコンセプトにしておりますので、トラックを運転・ご使用して頂くうえでコレは必要だろうと思うものを、私たちが勝手にチョイスした仕様になっております(笑)


さてさて。。。

クレーンについてですが。。。
前回よりユニックが新型を発売したということでユニック製の新型クレーンを搭載しております。

それが!この新型ユニックの評判も大好評でして。。。(^_^;)
前回!新型ユニックを搭載した車輌がおかげさまであっという間に完売。

味をしめて今回も新型ユニックを!というわけです(笑)


でわ!新型ユニック!どこが?どう?新型なのか?についてですが。。。

正直!見た目は変わりません(^_^;)  ブームのステッカーに操作レバーの形状ぐらいでしょうか?

でも!実際には。。。
  • ブーム・グリス給脂機構【特許出願中】
      ブーム格納状態で、全てのブーム上面摺動板への給脂を実現。メンテナンス性を向上。
  • 新形状と新デザイン
      コラムとブームは新6角形。ブームは異なる板厚を組み合わせ、耐久性を向上。
  • アワーメータ【K仕様は除く】
      コントロールボックスで総稼働時間と個別の作動時間が確認可能。メンテナンス時期の把握に最適。
  • ブーム・アウトリガ未格納警報装置【標準装備】
  • ユニフック【標準装備】
      フック格納機能  ※RK/RKA仕様:ブーム縮・伏連動  ※QKA仕様:ブーム縮・伏・旋回連動
      フック解除機能  ※フック下がりによる積荷への接触を防ぐ為、ブーム起きが連動。
  • オートロック・アウトリガ【標準装備】【特許出願中】
などなど。。。 実は新機構や耐久性の向上・安全性の標準化が図られています。


そしてその中でも今回!便利且つ大きく変わったなぁと私がお客様にオススメしたいものに新型ラジコンがあります。

バリエーションは。。。
  • 液晶付ラジコン(LS)
  • 液晶付ジョイスティック式ラジコン(LJ)
  • 液晶なしラジコン(RS)
  • 液晶なしジョイスティック式ラジコン(RJ)
上記4種類です。


通常のラジコンを選ぶのか?はたまたジョイスティック式を選ぶのか?はお客様の好みでお選び頂くのがベストだとは思いますが、今回の新型ラジコンでは是非!液晶付ラジコンをオススメしたいと私は思います(^_^;)

この液晶付ラジコンですが。。。
  • 吊り荷重を手元で常時表示
      ラジコンの液晶画面で吊り荷重が常時確認することが出来ます。
  • 吊り荷重の積算表示【特許】
      過積載の防止にも役立つ、吊り荷重の積算表示機能を装備。
  • 選択可能な周波数帯域【特許】
      現場周辺の環境に応じて1波固定・5波(標準)・40波オートスキャンから選択可能。
  • 自動点灯バックライト
  • 非常停止スイッチ
などなど。。。 ひと昔前では上位機種のしかもクレーン本体にのみにしか装備されなかった機能がラジコンに満載されているんです。

便利そうだと思いませんか?実際にご購入頂いたお客様からも大絶賛を頂いております(*^^)v

今回入庫しましたクレーン付きには液晶付ラジコン(LS)が装備してあります。


unic1.jpg
   unic2.jpg   unic3.jpg   unic4.jpg   unic5.jpg   unic6.jpg

    ※上記画像はクリックすると大きく見れます。
    ※もっと詳しく知りたい方はこちらをクリック→http://www.furukawaunic.co.jp/pdf/crane_urg.pdf


更なる進化を遂げた新型ファイターに!総合的に良くなった新型ユニッククレーン搭載のこのクレーン付未使用車!

この機会にぜひ!ご検討してみてはいかがでしょうか?宜しくお願い致しますm(_ _)m



分からない事やもっと詳しく知りたい事などがあればお気軽にお電話下さい。
お電話やメールでのお問合せを社員一同!心よりお待ちしております

もちろん!当ブログへのコメントや質問等も大歓迎です。沢山のお問合せ・コメントをお待ちしておりま~す。



ご案内TEL
infomail.gif
ご案内HP 
当ブログは現在の在庫状況とリアルタイムで連動しているわけでは御座いません。
在庫車輌の有無は必ずお問合わせ頂きご確認をお願い致します。



このエントリーをはてなブックマークに追加 友だち追加数
タグ :クレーン付 セルフクレーン カーゴ ウイング アルミバン アームロール フックロール ダンプ 土砂禁ダンプ    特殊車輌 新車 新古車 中古トラック 各種販売 高価買取 ㈱岐大トラックセンター を宜しくお願い致しますm(__)m
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://gidaitruck.blog122.fc2.com/tb.php/991-5660be21

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫