車輌総重量と最大積載量について・・・|Good!トラック - ぐっ!とらっく -
    

車輌総重量と最大積載量について・・・

 2010-04-06
え~っと・・・

今日はお役に立てるかどうか?は分かりませんが・・・
トラックを乗られる方は、少しだけでも知っておいた方がっ!と思い・・・

トラックを乗られる方の大半が、 最大積載量 を気にされますよねっ
そもそも荷物を運ぶ車輌なので、 『どれだけの重さの荷物が運べるか?』 と言うのが気になると言うのは、当然と言えば当然の事なのですが・・・(^_^;)

たぶん多くの方は、単純に 2t車よりも4t車! 4t車よりも大型車! と言うように、車輌の大きさが大きくなれば大きくなるほど、最大積載量が多く取れると思っていませんか

車輌の大きさが大きくなる = 荷物がたくさん載る と言う事で・・・

普通そう思うのが当たり前ですよねっ(^_^;)


それが実は・・・  違うんです


そこで・・・


最大積載量と言うのは、どうやって決まるのか 少し簡単にご紹介しようかなとっ・・・

まず ここで 『最大積載量はどうやって決まるのか?』 を説明するのに、とても重要となってくるのが 車輌総重量 です

車輌総重量 とは、自動車やトラックなどにおいて最大定員が乗車し、なおかつ最大積載量の荷物を積んだ状態で測定した時の自動車全体の総重量!

すなわち・・・
車輌の重さ + 最大乗車定員時の重さ + 最大に荷物を積載した時の重さ

                 ↓↓↓(イコール) 

               車輌総重量 と言う計算式なるわけですが・・・

車輌総重量と言うのは、自動車の登録制度の中で

車輌総重量が
 8t未満は 小型貨物・普通貨物 (ナンバーが乗用車と同じ大きさのナンバー)
 8t以上は 大型貨物 (ナンバーが乗用車よりも一回り大きいナンバー)
                                  という決まりがあります

簡単に言うと、4t車クラスまでの車輌は 『車輌総重量を8t未満に抑えなさいよっ!8tを超えると大型貨物になりますよっ』と言う決まりで・・・
そもそも、4t車クラスまでの車輌は、構造上!車輌総重量が8tを超えても良いという申請がされていない為、実際は 『車輌総重量を8t以下に抑えなさい!』 と言う決まりなのです


この決まりにより・・・


4t車クラスまでの車輌は、車輌総重量を8t未満に抑えなければならないというのが分かりましたよねっ!

では 先程の車輌総重量を求める計算式で、車輌総重量の所に、この8tを入れてみましょう・・・

車輌の重さ + 最大乗車定員時の重さ + 最大に荷物を積載した時の重さ = 8t となりますよねっ!


そうです   もう分かっちゃいましたぁ


ここから、最大積載量 を求めるわけです
車輌総重量が、仮に 8t と分かったわけですから、その車輌総重量(8t)から車輌の重さと最大乗車定員時の重さを引いた残りが 最大積載量 となるわけです

車輌総重量(8t) - 車輌の重さ + 最大乗車定員時の重さ

                 ↓↓↓(イコール) 

               最大積載量 と言う計算式なるわけです


この計算式から・・・


車輌が大きくなればなるほど、車輌の重さが重くなる為、車輌総重量から引く 車輌の重さ がどんどん重くなってしまい、結果!最大積載量が減ってしまうと言う事が良く分かりますよねっ!

こう言った決まりがある為、先日ご紹介した 2t車ベース(大きさ)の4t車 のような車輌が、4t車クラスの大きい車輌の積載よりも多く 最大積載量 が取れてしまうという、逆転現象が起きてしまうのです
ちょとおかしな話ですよねっ

最大積載量については、架装などにより算出方法が多少変わって来るので、今日ご紹介した算出方法だけで・・・とはいきませんが、ある程度の算出方法の目安にはなるかとっ・・・(^_^;)


この説明で分かってもらえましたかぁ

下手くそな説明で・・・   ごめんなさい  それでわ 


ここをクリックして当社ホームページも一度見て下さいネっ(^_-)-☆

このエントリーをはてなブックマークに追加 友だち追加数
タグ :クレーン付 セルフクレーン カーゴ ウイング アルミバン アームロール フックロール ダンプ 土砂禁ダンプ    特殊車輌 新車 新古車 中古トラック 各種販売 高価買取 ㈱岐大トラックセンター を宜しくお願い致しますm(__)m
コメント
初めましてトラック好きと申します。

一つ気になる事があるのですが、4t車 車両総重量8,000㎏未満 最大積載量4,999㎏以下で旧普通免許で運転出来ますよね?

しかし上記トラックに対し数々の装飾品を取り付け所謂デコトラにした場合 車両総重量が8,000㎏以上超えるので大型トラック扱いになってしまいますよね?、この場合やはり大型免許を取得しなければ、運転する事が、出来なくなってしまうのでしょうか?

古い記事で、恐らく気付かないかも知れませんが、もしお気付きになられましたら回答よろしくお願いします!

凄く気になって夜も寝れません(笑)
【2013/09/10 02:01】 | トラック好き #- | [edit]
トラック好き 様

㈱岐大トラックセンター Blog担当の後藤と申します。
当Blogをご覧いただき誠に有難うございます。

さて、トラック好き様のご質問の件ですが。。。
分かりやすく書けるかどうか?分かりませんが、私の分かる限りではございますがお応え致します。

まず最初に。。。
旧普通免許ではトラック好き様の言う通り、車両総重量8t未満のトラックには乗ることが出来ます。
しかし、最大積載量が4,999㎏以下とは決まっておりません。

簡単に言うと4t車は車両総重量を8t未満に抑えさえすれば積載量は何tでも良いということです。

しかしながら何tでも良いといえど車両総重量8t未満の8tの中には積載する荷物の重さ積載量も含まれるわけなので必然的に決まってしまうというのも事実です。
上記を分かりやすく計算式でご説明すると。。。「 8t(車両総重量) - 車両重量 = 積載量」となるわけです。

では次に4t車に装飾品を取付けデコトラにした場合。。。
4t車に装飾品を取付け、車両総重量8tを超えてしまった場合は、上記でご説明した通り車両総重量8tを超えてしまった分積載量が減トンされていきます。4t車が大型車扱いになることは絶対にありません。

とにかく!4t車以下の車輌は車両総重量を8t未満に抑えなければならないと言う大きな決まりがあるわけです。それを元に積載量がはじき出されるわけです。

言い方は悪いですが。。。
装飾品を取付け積載量がドンドンと減っていき、終いには荷物の積めないただのデコトラとなってしまうということもありえるわけです。

トラックの登録はその昔TVや映画で流行った「トラック野郎」の時代よりも厳しくなってきています。
雑誌などでもよくデコトラを見かけますが、不正改造らしき車輌もチラホラ見かけます。
車輌の登録には装飾品に対する決まりや私達でも知らないような決まりがあるので、十分に気を付けて装飾品を取付けて下さい。やってしまってから「登録できない!」なんて事もあり得るので注意してくださいねっ。

それでは!これからも当社並びに当オフィシャルブログを宜しくお願い致しますm(__)m

【2013/09/11 11:35】 | 株式会社 岐大トラックセンター #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://gidaitruck.blog122.fc2.com/tb.php/37-6dc32219

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫