三菱 新型ファイター 未使用車(新古車) 4t クレーン付        タダノ 4段 ラジコン フックイン ワイドアウトリガー BlueTec!|Good!トラック - ぐっ!とらっく -
    

三菱 新型ファイター 未使用車(新古車) 4t クレーン付        タダノ 4段 ラジコン フックイン ワイドアウトリガー BlueTec!

 2012-01-31
三菱 新型キャンター で全国津々浦々!とても大好評頂いております。。。
あれですよっ!アレ。。。尿素を使用するあのシステム!

そう!BlueTec®【排気後処理】システム!  

※排気ガス中の粒子状物質(PM)の捕集・除去をする再生制御式DPFと、BlueTec排気後処理装置で窒素酸化物(NOx)を、AdBlue(尿素水)で窒素と水に分解して、排気ガス(PM)捕集・除去・分解(Nox)しクリーンにするシステムです。


このBlueTec排気後処理装置を搭載した。。。
三菱 新型ファイター クレーン付 が本日!入庫致しました(*^^)v


 管理番号:K240015
K240015
                                ※画像はクリックすると拡大して見る事が出来ます!

K240015-1 K240015-2 K240015-3 K240015-4 K240015-5 K240015-6
K240015-7 K240015-8 K240015-9 K240015-10 K240015-11 K240015-12
K240015-13 K240015-14 K240015-15 K240015-16 K240015-17 nophoto

 三菱 平成24年式 SKG-FK61F 4t 新型ファイター クレーン付
車 検 期 限走行距離【km】積  載【kg】馬  力ミッションエアコン外装
H26.1.292402,650220
荷台内寸法(L):5.52m(W):2.14m(H):0.40m
上物メーカー
【型・年式】
タダノ 4段 ラジコン付 フックイン付 ワイドアウトリガー
TM-ZR364HR-KA3808  平成23年式
タイヤ残量
(分山表示)
フロントス ペ ア10
1010
リ  ア左(外)左(中)右(中)右(外)タイヤサイズ225/90R17.5
10101010
 ※タイヤ残量は当社検査員の見解です。あくまでも目安として下さい。
そ の 他 ・ポスト新長期排ガス規制適合車  ・AdBlue(尿素水)使用

 ・運転席,助手席灰皿+シガライター

 ・マット,バイザー,タイヤチェーン  ・リアフック

※H24.2.10 大変申し訳御座いませんがこの車輌はご成約済みと成りました。有難う御座いましたm(__)m
次回!2月登録としてH24.2.29の入庫を予定しております。車輌状況・仕様等はこの画像の車輌と同じになりますので是非!ご検討材料としてご参考にして下さい。 宜しくお願い致しますm(__)m


近年!日本では自動車業界に限らず各メーカー同士が切磋琢磨しあい、どのメーカーを選んでも品質や性能には差ほど変わりない時代となりつつあるものの。。。 そうなりつつあるが故に品質や性能とは別に各メーカーの考え方や開発の違いで他社と差別化を図る戦略になって来ているのではないでしょうか?


差別化戦略なのか?どうか?。。。
トラックメーカーで言うならば、このポスト新長期排ガス規制数値をクリアすべく導入した各社の新システム!
これが良い例なのではないでしょうか?


現在!発売中の各社ポスト新長期排ガス規制適合車の中で、十人十色な意見はあろうかと思いますが。。。
私個人が思う今一番HOTでオススメなメーカーはと言うと三菱ではないかと。。。(^。^)y-.。o○

その理由に当然!挙げられるのが各社の新システムの違いなのですが。。。
ここで簡単にご説明しましょう(^O^)/   先ず。。。

ディーゼル車が排出する排気ガスには PM と Nox という二種類の排気ガスが有ります。
この二種類の排気ガス!困った事にPMと言う排ガス数値を下げようとするとNoxと言う排ガス数値が上がってしまい、逆にNoxと言う排ガス数値を下げようとするとPMと言う排ガス数値が上がってしまうという相反する特性を持っており、この特性にトラックメーカーは悩まされているわけなのです(>_<)

PMという排ガスは粒子状物質でエンジンを高効率で稼働させ完全燃焼させる事により減らす事が出来ます。
しかし!エンジンを高効率で稼働させ完全燃焼せるとPMの数値は減るものの、窒素酸化物であるNoxの数値はとても増えてしまう!こんな相反する排ガスを規制したのがポスト新長期排ガス規制なのです!


それを今回新たなシステムを採用しクリアにしたのが。。。
三菱のAdBlue(尿素水)を使用した BlueTec®システム!
 
高効率で完全燃焼させるエンジン開発をする事で、粒子状物質であるPMをエンジン内で減少させ、残ったPMを再生制御式DPF装置で除去!そして高効率でエンジンを完全燃焼させる事で増えてしまうNox【窒素酸化物】をAdBlue(尿素水)を使用し化学反応させ分解し除去する方法です。

この方法を採用したのは三菱と日産UDのみ。。。 では?日野といすゞはどうしたのでしょう?
日野といすゞはこのAdBlue(尿素水)を使用せず今までのマフラー燃焼装置!再生制御式DPF装置と言う装置を更に強化し採用しました。 


再生制御式DPF装置は粒子状物質であるPM除去だけに特化した装置!
では?窒素酸化物であるNoxも減らさないといけない規制を日野といすゞはどう?クリアしたのか?
 
それは三菱や日産UDと全く真逆の発想で。。。
エンジンを絶えず完全燃焼させるのではなく、不完全燃焼させる事で窒素酸化物であるNoxを出さない方式を採用しました。  しかしエンジンを絶えず不完全燃焼させる事により、粒子状物質であるPMはすごい数値で排出してしまう事になり、それを再生制御式DPF装置のみで除去するわけですから、それなりのダメージを再生制御式DPF装置が抱えてしまうのは当然ですよネッ(^_-)-☆

その結果!数年に一度、高額な再生制御式DPF装置の付いたマフラーを交換してあげないといけない状況に。。。
当然!再生制御式DPF装置を日々点検しての話です。現在はトラックも全てコンピューター化され、この再生制御式DPF装置の点検も全てディーラー任せ(>_<) どうしても幾らかコストが発生してしまいます(^_^;)


しかも。。。
完全燃焼させれるエンジンが良いのか?不完全燃焼させるエンジンが良いのか?は、エンジン本体にとっても燃費にとっても一目瞭然!完全燃焼させれるエンジンの方が良い事は誰にでも分かるのでは。。。(^_^;)
 
これが三菱を進める私個人の考えです(^_-)-☆
では!上記からいうと「日産UDでも良いのでは?」と思いがちですが。。。
残念なことに日産UDには6気筒エンジンと言うバリエーションが無いのです。4t全車種4気筒オンリーとなるとチョット荷物を運ぶトラックにとっては気がかり(>_<)と言う事で。。。


4t全車6気筒エンジンの三菱 新型ファイター!
新ステム BlueTec排気後処理装置採用で地球にもお財布にも優しい三菱 新型ファイター!
私が三菱をオススメしたいと言うのが分かって頂けた?のではないでしょうか(^_^;)


分からない事やもっと詳しく知りたい事等があればお気軽にお電話下さい。
お電話やメールでのお問合せを社員一同!心よりお待ちしております

もちろん!当ブログへのコメントや質問等も大歓迎です。沢山のお問合せ・コメントをお待ちしておりま~す。


当社ホームページはこちらをクリック!
 受付4  gthp









このエントリーをはてなブックマークに追加 友だち追加数
タグ :クレーン付 セルフクレーン カーゴ ウイング アルミバン アームロール フックロール ダンプ 土砂禁ダンプ    特殊車輌 新車 新古車 中古トラック 各種販売 高価買取 ㈱岐大トラックセンター を宜しくお願い致しますm(__)m
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://gidaitruck.blog122.fc2.com/tb.php/317-03612b82

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫